コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カチリナ Catilina, Lucius Sergius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カチリナ
Catilina, Lucius Sergius

[生]前108頃
[没]前62. ピストリア
古代ローマの政治家。共和政末期の「カチリナ陰謀事件」の首謀者。前 67~66年アフリカを統治。前 64,前 63年の執政官 (コンスル ) 選を M.キケロと争って敗れ,武力で野望をとげようとし,イタリア全土に武装蜂起を計画。エトルリアカンパニアの L.スラの元兵士,ローマ市の不満政治家,若手貴族の支持を得たが,キケロに弾劾され,陰謀に加担した者は逮捕,処刑された。アペニンを越えガリアに軍を転じたカチリナは追討軍と戦って戦死した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カチリナの関連キーワードセナツス・コンスルツム・ウルチムムパテル・パトリアエカトー[ウチカ]クロディウスサルスチウスシラヌス家レンツルスカツルスパウルスピソ家執政官

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android