カチリナ(英語表記)Catilina, Lucius Sergius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「カチリナ」の意味・わかりやすい解説

カチリナ
Catilina, Lucius Sergius

[生]前108頃
[没]前62. ピストリア
古代ローマの政治家。共和政末期の「カチリナ陰謀事件」の首謀者。前 67~66年アフリカを統治。前 64,前 63年の執政官 (コンスル ) 選を M.キケロと争って敗れ,武力で野望をとげようとし,イタリア全土に武装蜂起を計画。エトルリアカンパニアの L.スラの元兵士,ローマ市の不満政治家,若手貴族の支持を得たが,キケロに弾劾され,陰謀に加担した者は逮捕,処刑された。アペニンを越えガリアに軍を転じたカチリナは追討軍と戦って戦死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android