コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カド カド

とっさの日本語便利帳の解説

カド

スタートラインに対していったん大きく後ろに引いてからスピードに乗ってスタートへ向かうのうち、一番内側に位置する艇のこと。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カド
かど

魚類のニシン、またはサンマの地方名。北海道や東北地方の太平洋沿岸各地、秋田県、茨城県涸沼(ひぬま)や利根川(とねがわ)河口付近では、ニシンとその若魚のことをカドとよび、カドイワシともいう。また、三重県ではサンマをさす。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カドの関連キーワードカドカワ・エンタテインメントニシン(鰊∥鯡∥春告魚)イシュタルの冥界下降サルゴン(1世)メソポタミア文明モエナモティ遺跡アルファベットスタートラインディオニュソスハンムラピ法典バビロニア語アッシリア語ルガルザゲシシュメール語ナラム=シン日本テリアカドベリーサルゴン朝ハルモニアグリフィス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カドの関連情報