カナディアンウイスキー(英語表記)Canadian whisky

飲み物がわかる辞典の解説

カナディアンウイスキー【Canadian whisky】


カナダ産のウイスキーの総称。五大ウイスキーの一つ。ライ麦、大麦麦芽、とうもろこしなどの穀類を原料とし、比較的くせがなく軽快な味わいを持つ。ライ麦を主原料とし、ライ麦独特の香味を特徴とする「フレーバリングウイスキー」と、とうもろこしを主原料とし、くせがなくすっきりとした味わいの「ベースウイスキー」をブレンドするのが一般的。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カナディアンウイスキー
かなでぃあんういすきー
Canadian whisky

カナダ産のウイスキー。大部分のタイプが軽快な香味を持ち味とする。トウモロコシを主原料としアルコール濃度を高く蒸留した温和なベースウイスキーを主体に、ライムギを主原料としアルコール分を60~80%と低く蒸留した香味豊かなフレーバリングウイスキーをブレンドしてつくられたもので、3年以上の樽(たる)貯蔵が義務づけられている。カナダのウイスキーの生産量は日本のウイスキーとほぼ同じであるが、7割はアメリカに輸出されている。銘柄にはカナディアンクラブやシーグラムがある。[秋山裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android