カナディアン・ロッキーズ(読み)かなでぃあんろっきーず(英語表記)Canadian Rockies

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カナディアン・ロッキーズ
かなでぃあんろっきーず
Canadian Rockies

北アメリカ西部、コルディエラ東部山系の主要部を構成するロッキー山脈のカナダ部分。長さ(南北)約1500キロメートル、幅80キロメートル。南部では3000メートル以上の高山(最高峰はロブソン山、3954メートル)が多い。何列かの山脈と地溝からなり、地溝はフレーザー川、コロンビア川などの流路となっているほか、交通路としても重要である。高山が多いので現在でも山岳氷河が発達し、各所に美しい山岳氷河、荘厳雄大な山々、静かな湖などがある。自然の美しいことで有名で、バンフ、ジャスパー、グレーシャー、ヨーホー、クートネー、マウント・レベルストーク、ウォータートン・レークスの七つの国立公園がある。[大竹一彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android