カナフグ(読み)かなふぐ

  • Lagocephalus laevigatus inermis
  • かなふぐ / 加奈河豚

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。日本南部、東シナ海、インド洋の熱帯水域とオーストラリアに分布する。腹部に小棘(しょうきょく)が散在するが背面は円滑。体色は背側が褐色で腹側は白い。鰓孔(さいこう)は黒い。全長は30センチメートルに達する。肝臓に毒がある。外見はサバフグに似ているが、サバフグには背面に小棘があるので識別は容易である。

[松浦啓一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android