コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニン半島 カニンはんとうpoluostrov Kanin

2件 の用語解説(カニン半島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カニン半島
カニンはんとう
poluostrov Kanin

ロシア北西部,ネネツ自治管区にある半島。同管区北西部からバレンツ海に約 240km突出し,東のチェーシャ湾と西の白海を分ける。面積約1万 500km2。半島の大半は標高 20~30mの低湿なツンドラ地帯で,氷堆石丘が散在する程度であるが,北部の幅広くなった部分には結晶片岩から成るカニンカメン高地 (最高点 242m) が北西-南東方向に延び,その北西端がカニンノス岬となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カニン半島
かにんはんとう
Канин Полуостров Kanin Poluostrov 

ロシア連邦北西部の半島。バレンツ海に突き出し、チョースカヤ湾と白海を分ける。長さ250キロメートル、面積1万0500平方キロメートル。ほとんどが丘陵地で、カニンカーメニ山(242メートル)のほかは低木林かツンドラ(永久凍土帯)である。狩猟、トナカイ飼育が行われる[小宮山武治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone