カノコイセエビ(英語表記)Panulirus longipes

世界大百科事典 第2版の解説

カノコイセエビ【Panulirus longipes】

甲殻綱イセエビ科のエビで,房総半島以南で記録されるが,とくに沖縄地方以南での水産上の重要種。体長35cm。地色青色で,腹部には直径1~2.5mmの白色の円い斑点が多数あり,いわゆる鹿の子模様を呈する。頭胸甲上の前方とげは先端が橙黄色後方のとげは先端が白色である。模様以外はイセエビに似ているが,前額板(触角前節)背面のとげの配列が異なる。前額板には前縁近くに2対の大きなとげがあり,それに続いて後方に2~3本の小さなとげが並んでいる(イセエビでは不規則にはえている)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカノコイセエビの言及

【イセエビ(伊勢海老)】より

…【武田 正倫】。。…

【イセエビ(伊勢海老)】より

…イセエビは岩陰に潜んでいるのに対し,ロブスターはみずから穴を掘るという生態的な違いはあるが,同一海域に放せば,生息水深や採餌などに関して競合する。 日本南部にはイセエビにごく近縁のケブカイセエビP.homarusカノコイセエビP.longipesも分布しているが,腹部に白色の小点が多数ある。また,ゴシキエビP.versicolor,ニシキエビP.ornatus(イラスト),シマイセエビP.penicillatusは色彩が異なる。…

※「カノコイセエビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android