コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カノコイセエビ(英語表記)Panulirus longipes

世界大百科事典 第2版の解説

カノコイセエビ【Panulirus longipes】

甲殻綱イセエビ科のエビで,房総半島以南で記録されるが,とくに沖縄地方以南での水産上の重要種。体長35cm。地色は青色で,腹部には直径1~2.5mmの白色の円い斑点が多数あり,いわゆる鹿の子模様を呈する。頭胸甲上の前方のとげは先端が橙黄色,後方のとげは先端が白色である。模様以外はイセエビに似ているが,前額板(触角前節)背面のとげの配列が異なる。前額板には前縁近くに2対の大きなとげがあり,それに続いて後方に2~3本の小さなとげが並んでいる(イセエビでは不規則にはえている)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカノコイセエビの言及

【イセエビ(伊勢海老)】より

…【武田 正倫】。。…

【イセエビ(伊勢海老)】より

…イセエビは岩陰に潜んでいるのに対し,ロブスターはみずから穴を掘るという生態的な違いはあるが,同一海域に放せば,生息水深や採餌などに関して競合する。 日本南部にはイセエビにごく近縁のケブカイセエビP.homarusカノコイセエビP.longipesも分布しているが,腹部に白色の小点が多数ある。また,ゴシキエビP.versicolor,ニシキエビP.ornatus(イラスト),シマイセエビP.penicillatusは色彩が異なる。…

※「カノコイセエビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android