コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カノシタ カノシタ Hydnum repandum

2件 の用語解説(カノシタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カノシタ
カノシタ
Hydnum repandum

担子菌類ヒダナシタケ目ハリタケ科のキノコ。傘は径2~10cm,不規則な山形で中央はややくぼんでおり,下面には1~5mmの突起が密生している。茎もまた不規則な円柱状で長さ2~7cm,径 0.5~2cm。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カノシタ
かのした / 鹿の舌
[学]Hydnum repandum Fr.

担子菌類、サルノコシカケ目ハリタケ科の食用キノコ。傘は不正円形、径5~8センチメートル、卵色で柔軟な肉質。全体が白色のものをシロカノシタという。茎は傘の横、または中心を外れてつく。傘の下側には無数の針が密生し、その表面に胞子をつくる。秋、雑木林の地上に列をつくって群生するので、ヌノビキ(布引き)という地方名もある。また、カノコ、ツチカノコ(東北地方)などの名もある。分布は日本をはじめ世界各地と広い。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカノシタの言及

【ハリタケ(針茸)】より

…以前はこれらのキノコをハリタケ類といったが,現在の分類では担子菌類ヒダナシタケ目のハリタケ科Hydnaceaeとイボタケ科Thelephoraceaeに分類されることが多い。ハリタケ科にはカノシタHydnum repandum Fr.(イラスト),サンゴハリタケHericium ramosum (Mérat) Let.,ヤマブシタケHericium erinaceum (Fr.) Pers.などがある。カノシタは地上生,純白~クリーム色で,食用にされる。…

※「カノシタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カノシタの関連キーワードイグチ(猪口)ハリタケ(針茸)ベニタケ(紅茸)えぶりこ猪苓針茸シメジハラタケホウキタケアンズタケ(杏茸)

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone