コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カノシタ(英語表記)Hydnum repandum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カノシタ
Hydnum repandum

担子菌類ヒダナシタケ目ハリタケ科のキノコ。傘は2~10cm,不規則な山形で中央はややくぼんでおり,下面には1~5mmの突起が密生している。茎もまた不規則な円柱状で長さ2~7cm,径 0.5~2cm。夏秋の頃,林下地上に群生し,食用となる。菌名はシカの舌の意であろう。日本各地にみられ,汎世界的に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カノシタ
かのした / 鹿の舌
[学]Hydnum repandum Fr.

担子菌類、サルノコシカケ目ハリタケ科の食用キノコ。傘は不正円形、径5~8センチメートル、卵色で柔軟な肉質。全体が白色のものをシロカノシタという。茎は傘の横、または中心を外れてつく。傘の下側には無数の針が密生し、その表面に胞子をつくる。秋、雑木林の地上に列をつくって群生するので、ヌノビキ(布引き)という地方名もある。また、カノコ、ツチカノコ(東北地方)などの名もある。分布は日本をはじめ世界各地と広い。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカノシタの言及

【ハリタケ(針茸)】より

…以前はこれらのキノコをハリタケ類といったが,現在の分類では担子菌類ヒダナシタケ目のハリタケ科Hydnaceaeとイボタケ科Thelephoraceaeに分類されることが多い。ハリタケ科にはカノシタHydnum repandum Fr.(イラスト),サンゴハリタケHericium ramosum (Mérat) Let.,ヤマブシタケHericium erinaceum (Fr.) Pers.などがある。カノシタは地上生,純白~クリーム色で,食用にされる。…

※「カノシタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android