コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カバーエー-パゴダ カバーエーパゴダKaba Aye Pagoda

世界の観光地名がわかる事典の解説

カバーエーパゴダ【カバーエー-パゴダ】
Kaba Aye Pagoda

ミャンマー最大の都市ヤンゴン(ラングーン)の郊外にある寺院。ヤンゴン市街から空港へ向かう途中にある。1952年の第6次仏教結集に合わせ、当時の首相ウー・ヌにより建立された。シンサリプタとシンモガランの2つの仏像を安置している寺として知られている。この寺院の北には、1954年につくられた、長さ139m、幅113mの「聖泂窟」人工の洞窟があり、ここで第6次仏教結集が行われた。◇「カバーエー」は「世界平和」という意味。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android