コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カバーエー-パゴダ カバーエーパゴダ Kaba Aye Pagoda

1件 の用語解説(カバーエー-パゴダの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

カバーエーパゴダ【カバーエー-パゴダ】
Kaba Aye Pagoda

ミャンマー最大の都市ヤンゴンラングーン)の郊外にある寺院。ヤンゴン市街から空港へ向かう途中にある。1952年の第6次仏教結集に合わせ、当時の首相ウー・ヌにより建立された。シンサリプタとシンモガランの2つの仏像を安置している寺として知られている。この寺院の北には、1954年につくられた、長さ139m、幅113mの「聖泂窟」人工の洞窟があり、ここで第6次仏教結集が行われた。◇「カバーエー」は「世界平和」という意味。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カバーエー-パゴダの関連キーワードピンマナミャンマーヤンゴンラングーンネーピードーヤングコーン蘭貢ラングーン事件ミャンマーの反政府デモ在日ミャンマー人

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone