カブトクラゲ(英語表記)Bolinopsis mikado

世界大百科事典 第2版の解説

カブトクラゲ【Bolinopsis mikado】

有触手綱カブトクラゲ科の有櫛(ゆうしつ)動物。体の下方両側がふくらんで,全体がかぶと()の形をしているのでこの名がある。暖海域に広く分布している。大きいものでは長さ10cmになる。体は寒天質で,下方両側に大きな翼状突起があり,それぞれの基部に耳状小突起がある。8本の櫛板列のうち,4本は長くて翼状突起の上まで達し,他の4本は短い。体が柔らかいために海がしけると体がくずれるので,の高いときは深く沈み,穏やかになると海の表面近くにあがってくる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カブトクラゲ
かぶとくらげ / 兜水母
[学]Bolinopsis mikado

有櫛(ゆうしつ)動物門有触手綱カブトクラゲ目の海産動物の総称。クシクラゲ類の1種で、全体は透明な卵形で長さ5~10センチメートル、体の下面両側に大きな翼状の突起があり、それらの基部に耳状の小突起がある。口は広く、胃は長くて体長の約半分に達する。体の表面を縦に8本の櫛板列が走っており、そのうち咽頭(いんとう)面に沿う4本は長く翼状突起上に達し、触手面に沿う他の4本は短く耳状小突起の基部に終わっている。触手は退化している。日本近海にもっとも普通にみられるクシクラゲ類の1種であり、春に大群をなして出現することがある。[山田真弓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカブトクラゲの言及

【クシクラゲ】より

フウセンクラゲHormiphora palmata(イラスト)の体は,長さ1.5~4.5cmで風船形,日本各地に見られる。カブトクラゲBolinopsis mikadoは,長さ10cmほどの卵形で,下方両側に大きな翼状突起があり,ときに大群になる。ウリクラゲBeroe cucumis(イラスト)は,長さ15cmになり,全体が淡紅色。…

【クシクラゲ】より

フウセンクラゲHormiphora palmata(イラスト)の体は,長さ1.5~4.5cmで風船形,日本各地に見られる。カブトクラゲBolinopsis mikadoは,長さ10cmほどの卵形で,下方両側に大きな翼状突起があり,ときに大群になる。ウリクラゲBeroe cucumis(イラスト)は,長さ15cmになり,全体が淡紅色。…

※「カブトクラゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android