コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カブトクラゲ Bolinopsis mikado

世界大百科事典 第2版の解説

カブトクラゲ【Bolinopsis mikado】

有触手綱カブトクラゲ科の有櫛(ゆうしつ)動物。体の下方の両側がふくらんで,全体がかぶと(兜)の形をしているのでこの名がある。暖海域に広く分布している。大きいものでは長さ10cmになる。体は寒天質で,下方両側に大きな翼状突起があり,それぞれの基部に耳状小突起がある。8本の櫛板列のうち,4本は長くて翼状突起の上まで達し,他の4本は短い。体が柔らかいために海がしけると体がくずれるので,波の高いときは深く沈み,穏やかになると海の表面近くにあがってくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カブトクラゲ
かぶとくらげ / 兜水母
[学]Bolinopsis mikado

有櫛(ゆうしつ)動物門有触手綱カブトクラゲ目の海産動物の総称。クシクラゲ類の1種で、全体は透明な卵形で長さ5~10センチメートル、体の下面両側に大きな翼状の突起があり、それらの基部に耳状の小突起がある。口は広く、胃は長くて体長の約半分に達する。体の表面を縦に8本の櫛板列が走っており、そのうち咽頭(いんとう)面に沿う4本は長く翼状突起上に達し、触手面に沿う他の4本は短く耳状小突起の基部に終わっている。触手は退化している。日本近海にもっとも普通にみられるクシクラゲ類の1種であり、春に大群をなして出現することがある。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカブトクラゲの言及

【クシクラゲ】より

フウセンクラゲHormiphora palmata(イラスト)の体は,長さ1.5~4.5cmで風船形,日本各地に見られる。カブトクラゲBolinopsis mikadoは,長さ10cmほどの卵形で,下方両側に大きな翼状突起があり,ときに大群になる。ウリクラゲBeroe cucumis(イラスト)は,長さ15cmになり,全体が淡紅色。…

【クシクラゲ】より

フウセンクラゲHormiphora palmata(イラスト)の体は,長さ1.5~4.5cmで風船形,日本各地に見られる。カブトクラゲBolinopsis mikadoは,長さ10cmほどの卵形で,下方両側に大きな翼状突起があり,ときに大群になる。ウリクラゲBeroe cucumis(イラスト)は,長さ15cmになり,全体が淡紅色。…

※「カブトクラゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カブトクラゲの関連キーワードクシクラゲツノクラゲ櫛水母兜水母

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カブトクラゲの関連情報