カヘイツノガイ(英語表記)Antalis pretiosa; Indian money tusk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カヘイツノガイ
Antalis pretiosa; Indian money tusk

軟体動物門掘足綱ツノガイ科。長 5cm,殻径 0.5cmになる。殻は白色で硬く,弓状に曲った管状で,殻口のほうへ次第に太くなる。細い殻頂に小さい切込みがある。殻表には細い縦筋が全面にあり,成長脈は多少黄色を帯びる。アラスカからカリフォルニア湾までの北アメリカ西岸の水深1~150mの砂泥底にすむ。インディアン貨幣として交易に使用したのでこの名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android