コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カヘイツノガイ Antalis pretiosa; Indian money tusk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カヘイツノガイ
Antalis pretiosa; Indian money tusk

軟体動物門掘足綱ツノガイ科。長 5cm,殻径 0.5cmになる。殻は白色で硬く,弓状に曲った管状で,殻口のほうへ次第に太くなる。細い殻頂に小さい切込みがある。殻表には細い縦筋が全面にあり,成長脈は多少黄色を帯びる。アラスカからカリフォルニア湾までの北アメリカ西岸の水深1~150mの砂泥底にすむ。インディアン貨幣として交易に使用したのでこの名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カヘイツノガイの関連キーワード狭骨盤田原翼室田雪子尾崎祐子アワビベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草)ウバガイMac mini松尾好子加藤朝日

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android