カホーラウェ[島](読み)カホーラウェ

百科事典マイペディアの解説

カホーラウェ[島]【カホーラウェ】

ハワイ諸島,マウイ島の南側に位置する島。1898年,米国のハワイ併合以降,米国軍が接収し,射撃演習場として使用してきた。現在定住民はいないが,ハワイ先住民の遺跡があり神聖な価値を持つため,島の返還要求運動が1975年に始まった。1976年以降,着弾地に立ち入るなど運動団体による演習阻止行動が続き,軍当局が逮捕・検束などを繰り返して両者の間に緊張が続いた。1993年末に演習の停止と島の返還が決まった。ハワイ先住民運動の一つの象徴的存在である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android