コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カマシア

2件 の用語解説(カマシアの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カマシア

北米原産のユリ科の球根植物。根出葉は光沢のある線状で,30〜100cmの花茎に円筒状の花穂をつけ,4〜5月,青,紫,白などの花を開く。耐寒性強く,砂質を好む。植込みは9〜10月。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カマシア
かましあ
[学]Camassia

ユリ科ヒナユリ属の総称で、秋植え球根草。強健で耐寒性が強く、切り花や花壇用とする。代表種のクシッキーは北アメリカ北西部原産で、葉は約45センチメートルで地際より数枚斜上する。5月に花茎が1メートルくらい伸び、淡青色の星状花を多数開く。またエクスレンタは北アメリカ東部の原産で、高さ約30センチメートル、濃青色の花が十数花まばらに開く。半日陰地に深さ10センチメートルくらいに植える。乾燥を嫌い土壌湿度を好むが、水がたまる所ではよく育たない。[平城好明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カマシアの関連キーワードサフランサラセニアアキメネスイキシアネリネラケナリアチューベローズ根出葉ブロディアミニシクラメン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone