コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カミルレ カミルレ Matricaria chamomilla; camomile

3件 の用語解説(カミルレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カミルレ
カミルレ
Matricaria chamomilla; camomile

キク科の越年草で,南ヨーロッパ原産。カミツレカモミレカモミールともいう。高さ 50~60cmでよく分枝し,互生する葉は細かく羽状に 2~3回裂ける。全草に芳香がある。直径 2cmほどのキクに似た頭花をつけ,周囲の舌状花は 12~18枚あって白色,やや下向きにそる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

カミルレ【kamille】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カミルレの関連キーワードカミツレ南ヨーロッパ金盞花セルリアク飛燕草風鈴草大薊大犬の陰嚢鬼野芥子バラモン参

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone