カメラアングル

精選版 日本国語大辞典「カメラアングル」の解説

カメラ‐アングル

〘名〙 (camera angle)
被写体に対してカメラのレンズの光軸のなす角度。
※初稿・エロ事師たち(1963)〈野坂昭如〉一「彼は露出計を女の顔にあて、カメラアングル定め」
② カメラマンの、被写体のとらえ方。
※可能性の文学(1946)〈織田作之助〉「登場人物と作者の距離は、映画のカメラアングルのように動いて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「カメラアングル」の解説

カメラ‐アングル(camera angle)

被写体に対するカメラの撮影角度。また、その構図

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android