コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カモガイ Collisella dorsuosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カモガイ
Collisella dorsuosa

軟体動物門腹足綱ユキノカサ科の貝。殻口長径 3cm,殻口短径 2.5cm,殻高 1.5cm。殻は笠形,厚質堅固。殻頂は前方に寄り,後背縁は丸く湾曲する。殻表は灰青色から黒青色,殻頂部は褐色で,約 20本の太い肋が殻頂から放射している。内面は乳青色で中央に黒褐色の斑紋がある。北海道南西部から台湾にかけて分布し,岩礁の高潮帯に群れをつくって付着し,波の打ちつける夜間にはいまわって岩の表面の藻類などを削り取って食べる。帰家性があり,はいまわったあとに元の場所に戻るが,冬季には下方へ移動する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カモガイ
かもがい / 鴨貝
[学]Collisella dorsuosa

軟体動物門腹足綱ユキノカサガイ科の巻き貝。笠(かさ)形の貝で、別名キクガモ、またはケリガイという。北海道南部から日本全国、さらに台湾にかけて分布。殻長径20ミリメートル、殻幅17ミリメートル、殻高13ミリメートル。殻頂は前方に寄っていて、いくらか鷲鼻(わしばな)状に曲がり、そこから多少顆粒(かりゅう)状の放射肋(ろく)が2、3本ほど走る。殻の周縁は中央側縁でややへこむ。殻内は白く中央は褐色に彩られる。岩礁の波しぶきのかかるあたりにコロニーをつくり、冬は群れを解いて避寒し、春になるともとの着生場所に戻る習性がある。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカモガイの言及

【カサガイ(笠貝)】より

…この種は,初めメキシコ産とされたが,その後小笠原産であることが確認された。 ツタノハガイ科にはツタノハガイ,ベッコウカサガイ,ヨメガカサガイ(イラスト),マツバガイなどが,ユキノカサガイ科にはユキノカサガイ,ウノアシガイ(イラスト),アオガイ,カモガイなどの種類があり,日本では多くは房総半島以南の潮間帯の岩礁にすむが,一部は北海道南部に及び,ユキノカサガイは北海道や東北地方に分布する。笠型の殻頂は軟体の頭と同じ方向になっている。…

※「カモガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カモガイの関連キーワード笠貝

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android