コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カモメガイモドキ カモメガイモドキMartesia striata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カモメガイモドキ
Martesia striata

軟体動物門二枚貝綱ニオガイ科。殻長 3.5cm,殻高 1.5cm,殻幅 1.5cm。殻は長卵形で前端が丸く,後方にいくにつれて細くなり,右または左に少し曲る。殻表は前後2部に分れ,前部は白色,三角形状でやすり目状の彫刻があり,後部はあらい黄色の殻皮をかぶり,成長脈が明らかである。前端の前腹部は活動時開いているが,休止時は石灰質の被板で閉じ,殻頂上に前板,そのうしろに背板,腹側に腹板ができる。温・熱帯の海域に広く分布し,海中の木材に穿孔する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カモメガイモドキ
かもめがいもどき / 擬鴎貝
false piddock
[学]Martesia striata

軟体動物門二枚貝綱ニオガイ科の二枚貝。穿孔(せんこう)性の種で、殻長20ミリメートル、殻高12ミリメートル。殻は前端が丸く、後方が細まる円錐(えんすい)形。また、前方は同心円状の彫刻を基調としたやすり状となり、腹側は被板でふさがっている。後方は藁(わら)色の殻皮をかぶる。殻頂には円板状の前板、後背縁に後板、腹縁には腹板がある。房総半島以南から九州までの海岸の木材に穿孔生活する。同類のイシゴロモM. yoshimuraiは殻の周囲にパイプ状の棲管(せいかん)をつけている。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone