コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カモメガイモドキ カモメガイモドキ Martesia striata

2件 の用語解説(カモメガイモドキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カモメガイモドキ
カモメガイモドキ
Martesia striata

軟体動物門二枚貝綱ニオガイ科。殻長 3.5cm,殻高 1.5cm,殻幅 1.5cm。殻は長卵形で前端が丸く,後方にいくにつれて細くなり,右または左に少し曲る。殻表は前後2部に分れ,前部は白色,三角形状でやすり目状の彫刻があり,後部はあらい黄色の殻皮をかぶり,成長脈が明らかである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カモメガイモドキ
かもめがいもどき / 擬鴎貝
false piddock
[学]Martesia striata

軟体動物門二枚貝綱ニオガイ科の二枚貝。穿孔(せんこう)性の種で、殻長20ミリメートル、殻高12ミリメートル。殻は前端が丸く、後方が細まる円錐(えんすい)形。また、前方は同心円状の彫刻を基調としたやすり状となり、腹側は被板でふさがっている。後方は藁(わら)色の殻皮をかぶる。殻頂には円板状の前板、後背縁に後板、腹縁には腹板がある。房総半島以南から九州までの海岸の木材に穿孔生活する。同類のイシゴロモM. yoshimuraiは殻の周囲にパイプ状の棲管(せいかん)をつけている。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カモメガイモドキの関連キーワードイガイ二枚貝類鳰貝二枚貝海茸貝鴎貝鷺貝皿貝軟体類二枚貝綱

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone