カヤプテ(英語表記)〈オランダ〉kajapoet/kajaput

デジタル大辞泉の解説

カヤプテ(〈オランダ〉kajapoet/kajaput)

フトモモ科の常緑高木。高さ15~30メートル。樹皮は白色、枝が垂れ下がる。葉から油をとり、鎮痛や香料に用いる。東南アジア・オーストラリア原産。カユプテ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

カヤプテ

〘名〙 (kajapoet, kajaput) 「カユプテ」の異名。
※遠西医方名物考(1822)三五「近来加耶普的(カヤプーテ)油舶来あり。神経病に用ひて間(まま)奇効を奏す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android