カラカラ帝の大浴場(読み)カラカラていのだいよくじょう(英語表記)Terme di Caracalla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

212年から 217年にかけて,ローマ皇帝カラカラの命によって造られた大公衆浴場。ディオクレチアヌス帝の浴場 (現ローマ国立博物館) ができるまで,ローマで最大の浴場であった。6世紀のゴート人の侵入以後,水道施設が破壊されて荒廃したが,19世紀以来の発掘でさまざまな彫像遺品が発見され,バチカン美術館などに収められている。広さは 330m2,中央の建物は 220× 114m,1600人の入浴が可能であった。中央にフリジダリウム (冷浴室) ,テピダリウム (微温浴室) ,カルダリウム (温浴室) が並び,その周辺にさまざまな施設が設けられた。古代ローマでは入浴は市民の最も愛好する娯楽であり,浴場には講演会場や図書館,スポーツ施設なども備えられ,文化センター的な機能をもっていたという。 1937年より始められ毎夏に行われてきた野外オペラの会場としても有名であったが,遺跡のいたみが激しく 94年中止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android