コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

からから カラカラ

デジタル大辞泉の解説

から‐から

[副](スル)
堅い物が触れ合って立てる、響きのよい、軽い感じの音を表す語。「高下駄をからから(と)鳴らして歩く」
車などが軽快に音を立てて回るさま。「矢車がからから(と)回る」
高らかに笑う声を表す語。「からから(と)大笑する」
[形動]
水分がすっかりなくなっているさま。「のどがからからに渇く」
器物の中がからで、何もないさま。「財布はからからだ」
[アクセント]ラカラ、はカラカラ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

からから

( 名 )
鹿児島県・沖縄県特有の徳利。注ぎ口がつく。古く、振ると中に入っている陶丸がカラカラと鳴るものがあったことからの名という。
[1] ( 副 )
乾いた木や金属などが触れ合って立てる軽い音を表す語。 「矢車が-(と)回る」
(主に男が)気持ちよさそうに高らかに笑うさま。 「 -と打笑ふは/鉄仮面 涙香
[0] ( 形動 )
物が乾ききったさま。 「のどが-だ」 「 -に乾いた大地」
容器の内部が空洞であるさま。 「ドラム缶が-だ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

からからの関連キーワード干上がる・乾上がる・干上る・乾上る老化にともなう免疫異常と症状MRIインターナショナル先天性副腎皮質過形成症ピピロッティ リスト腸閉塞(イレウス)フェルティ症候群悪性リンパ腫サバンナ気候かんらかんらポテトフライ渡辺 文雄からめかす尿細管疾患アクセントPPTP自己免疫味方但馬呵呵大笑カラシナ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

からからの関連情報