カラガンダ州(読み)カラガンダ(英語表記)Karaganda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラガンダ〔州〕
カラガンダ
Karaganda

カザフスタン中部の州。 1973年まで南のジェズカズガン州を含んでいた。州都カラガンダ。カザフ丘陵中部にあり,おもにステップ地帯から成る。乾燥した大陸性気候で,年降水量は 200~400mmと少い。埋蔵量 500億tをこえるカラガンダ炭田地帯が州経済の中心で,採炭が行われるほか,鉄鋼,木材加工,機械などの工場が立地する。農業ではステップ地帯でコムギ,トウモロコシ,ヒマワリなどの栽培が盛んで,最南部の半砂漠地帯では牧畜が行われる。住民の多くは都市に住み,カラガンダ,テミルタウ,オサカロフカに集中している。州内の主要交通機関はアスタナから南へ延びる鉄道とカラガンダ付近から東へ延びるその支線,およびそれにほぼ並行して走るハイウェーである。面積8万 5400km2。人口 133万 9900 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android