コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラガンダ州 カラガンダKaraganda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラガンダ〔州〕
カラガンダ
Karaganda

カザフスタン中部の州。 1973年まで南のジェズカズガン州を含んでいた。州都カラガンダ。カザフ丘陵中部にあり,おもにステップ地帯から成る。乾燥した大陸性気候で,年降水量は 200~400mmと少い。埋蔵量 500億tをこえるカラガンダ炭田地帯が州経済の中心で,採炭が行われるほか,鉄鋼,木材加工,機械などの工場が立地する。農業ではステップ地帯でコムギ,トウモロコシ,ヒマワリなどの栽培が盛んで,最南部の半砂漠地帯では牧畜が行われる。住民の多くは都市に住み,カラガンダ,テミルタウ,オサカロフカに集中している。州内の主要交通機関はアスタナから南へ延びる鉄道とカラガンダ付近から東へ延びるその支線,およびそれにほぼ並行して走るハイウェーである。面積8万 5400km2。人口 133万 9900 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カラガンダ州の関連キーワードヌルスルタン ナザルバエフミハイル ソロメンツェフシュナク・クレーターセリク サピエフシャフチンスクジェズカズガンバイコヌールナザルバエフバルハシアバイサラン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android