カラケネ(英語表記)Charakēnē

世界大百科事典 第2版の解説

カラケネ【Charakēnē】

ティグリス川とユーフラテス川の河口,ペルシア湾頭にあった古代の王国。この地方はメッセネといったが,主要都市カラクスCharaxの名にちなんでカラケネと呼ばれた。セレウコス朝アンティオコス4世によって総督に任命されたヒュスパオシネスが,前2世紀後半に自立。ペルシア湾からペトラ,のちにはパルミュラを経由する東西貿易路の要衝として繁栄した。約350年間つづいたのち,後224年にササン朝ペルシアのアルダシール1世に征服された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android