コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラコーゾフ事件 カラコーゾフじけん

1件 の用語解説(カラコーゾフ事件の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カラコーゾフじけん【カラコーゾフ事件】

1866年4月4日,ロシア皇帝アレクサンドル2世が狙撃された事件。カラコーゾフDmitrii Vladimilovich Karakozov(1840‐66)は,サラトフ県の没落貴族の家庭に生まれ,カザン大学入学後退学処分を受け,2年後復学したがモスクワ大学に転じ,1865年秋にはここも退学となった。同地で学生運動を基盤とする,いとこイシューティンの率いる結社〈組織〉に加入。行動方針をめぐり結社は分裂し,カラコーゾフは政治テロを標榜した〈地獄〉へ参加し,皇帝暗殺のテロリズムへと傾斜していった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カラコーゾフ事件の関連キーワードアレクセーエフ神聖同盟アレクサンドルアレクサンドリア文庫ダウガフピルス要塞アレクサンドル宮殿中央アジアの草原にてロシア皇帝の密約シューベルト:葬送大行進曲 ハ短調/1 piano 4 handsシューベルト:英雄的大行進曲 イ短調/1 piano 4 hands

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone