コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラシン カラシン

2件 の用語解説(カラシンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラシン
カラシン

カラシン科」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラシン
からしん
characins

硬骨魚綱コイ目カラシン亜目カラシン上科Characoidaeの熱帯淡水魚の総称。おもに南アメリカ大陸アフリカ大陸に分布するが、テキサス南西部、メキシコ中央アメリカにも分布する。体は紡錘形から側扁(そくへん)形まである。多くのものは肉食であるために歯はよく発達している。ほとんどの種が体に鱗(うろこ)があり、脂(あぶら)びれがある(レビアシニ科の一部の種にはない)。口はあまり突出しない。7本の下尾軸骨に19本の尾びれ軟条が付着する。カラシン類は骨鰾(こっぴょう)類のなかでもっとも古いグループの一つであり、16科約1050種(南アメリカ大陸とその付近には250属900種、アフリカ大陸には30属150種)にもなり、形態と生態はきわめて多様である。猛烈な肉食で有名なピラニア、美しいネオンテトラ、洞穴にすむ目のないブラインドケーブフィッシュ、水面を滑走するハチェットフィッシュなどが含まれる。
 ピラニア類は、カラシン科のセラサルムス属、パイゴセントルス属、ローズベルティエラ属の数種の総称で、別名カリバ。アマゾン川やオリノコ川の流域にすむ。ピラニア類でもっとも恐れられているのはセラサルムス・ニガーSerrasalmus nigerで、全長35センチメートルになり、ものすごい数で群れをなし、川に入ってきたウシやウマに襲いかかり、強い顎(あご)と鋭い歯で、たちまち肉を食べ尽くして骨だけにしてしまう。ワニ(アリゲーター)にも襲いかかるという。
 テトラ類は、カラシン科のヘミグラムス属とハイフェソブリコン属の全長数センチメートルの美しい観賞魚の一群をさす。中央アメリカや南アメリカに分布する。1936年フランス人ラボーによって世界に紹介されたネオンテトラがとくに有名である。
 ブラインドケーブフィッシュは、メキシコにはアスチアナクス・メキシカヌスAstianax mexicanusがおり、ブラジルにはステギクティス・ティフロプスStygichthys typhlopsがいる。メキシコ産の種には有眼型と無眼型がいて、かつて別種扱いにされていた。[中坊徹次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カラシンの関連情報