コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラジョルジェ Karađorđe Petrović

世界大百科事典 第2版の解説

カラジョルジェ【Karađorđe Petrović】

1768‐1817
オスマン帝国に対する第1次セルビア蜂起(1804‐13)の指導者セルビアの寒村に生まれた。オーストリア・トルコ戦争(1788‐91)に際し,オーストリアの組織した義勇軍に参加し,軍事的経験を積む。戦後故郷近くのトポラに戻り,一時,山岳地で対トルコのゲリラ闘争を続けるハイドゥク(匪賊)と行動をともにした。その後家畜の売買をはじめ,豚商人として富を築く。オスマン帝国のイエニチェリ(常備軍団)の横暴な行為に対する蜂起の準備が進められると,これに加わり指導者に選出された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラジョルジェ
からじょるじぇ
Karadjordje Petrovi
(1768―1817)

オスマン帝国に対する第一次セルビア蜂起(ほうき)の指導者。カラジョルジェは「黒いジョルジェ」の意味。本名はジョルジェ・ペトロビッチ。セルビアの一寒村ビシェバツに生まれる。オーストリア・トルコ戦争(1788~91)に際し、オーストリアが組織した義勇軍に加わり、軍事的経験を積んだ。戦争後、故郷近くのトポラに戻り、一時山岳地で対オスマン帝国のゲリラ闘争を続けるハイドゥク(匪賊(ひぞく))と行動をともにした。その後、豚の売買を始め、豚商人として富を築く。オスマン帝国のイェニチェリ(常備軍団)の横暴な行為に対する蜂起の準備が進められると、これに加わり指導者に選出された。不利な国際情勢のなか独立を目ざし蜂起を続けたが、1813年に鎮圧される。ベッサラビアに亡命し、そこでギリシア人の秘密組織「フィリキ・エテリア」(友愛会)のメンバーと接触した。バルカン半島の一斉蜂起を企てるためセルビアに向かうが、当時の支配者ミロシュ・オブレノビチに察知され、殺害された。[柴 宜弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

カラジョルジェ

生年月日:1762年11月14日
セルビア国家の創建者
1817年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のカラジョルジェの言及

【ハイドゥク】より

…ふつう彼らの活動は春から秋までに限られ,冬は村に帰って生活したが,彼らは略奪品を貧しい人々に分かち与え,また山中の孤独な生活に耐えるには超人的力量が要求されたから,圧政に苦しむ民衆にとって英雄的シンボルとなった。また1804年のセルビア蜂起のカラジョルジェ,1821‐29年のギリシア解放戦争のコロコトロニスのように,バルカンの民族運動の初期にはハイドゥクが軍事的指揮能力を発揮したケースも多かったので,民権運動の先駆者ともみなされるようになった。 しかし史実に即していえば,本来匪賊と義賊(ホブズボームのいう社会的匪賊)の区別はさほど判然としたものではなく,農民がその被害者となる事例も多かった。…

※「カラジョルジェ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カラジョルジェの関連キーワードミロシュ・オブレノビッチ1世カラジョルジェ・ペトロビッチカラジョルジェビッチ家ミロシュ・オブレノビチカラジョルジェビチ家アレクサンダル2世ユーゴスラビア史オブレノビッチ家オブラードビッチユーゴスラビアオブレノビチ家ペタル1世オプレナツ生年月日東欧史