コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラスザンショウ(烏山椒) カラスザンショウFagara ailanthoides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラスザンショウ(烏山椒)
カラスザンショウ
Fagara ailanthoides

ミカン科の落葉高木で,暖地に生じる。高さ 7mに達し,枝にはとげがある。葉は奇数羽状複葉で4~15対ある小葉は長楕円形または披針形をなし,細かな鋸歯があって先は鋭くとがる。裏面は白緑色である。葉軸,特に若枝につくものにとげがある。夏に,枝の先端に円錐花序をつけ,淡緑色の小花を多数開く。雌雄異株萼片,花弁各5枚あり,雄花ではおしべ5本,雌花では3心皮から成るめしべ1本をもっている。 蒴果は裂開し,種子には辛みがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カラスザンショウ(烏山椒)の関連キーワードミカン科

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android