コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラリーパヤット Kalarippayat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラリーパヤット
Kalarippayat

インド南部地方の武術。14世紀頃,ナヤール (兵士) カーストが共同体をつくり,そこでの軍事的な身体訓練が洗練されて今日のような武術になった。カターカリヤクシャガーナなどの舞踊劇にも影響を与えたという(→インド舞踊)。カターカリの足の使い方はカラリーパヤットの鳥や動物の動きに似ており,その影響がうかがえる。ケララ州の州都ティルバナンタプラムに訓練学校がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android