カリオタキス(英語表記)Kariotákis, Kóstas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリオタキス
Kariotákis, Kóstas

[生]1896. トリポリ
[没]1928.7.20. プレベザ
ギリシアの詩人。アテネで法律を学び,1920年詩で受賞。卒業後は公務員として勤務したが,パトレ,のちにプレベザに移り,自殺した。作品にはフランス象徴派,新アテネ派の影響と,クレタ島で過した幼年期の孤独と失望の影がうかがえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android