カリステモン

百科事典マイペディアの解説

カリステモン

オーストラリア原産のフトモモ科の常緑低木または小高木で,約30種がある。ふつう高さ2〜3mになり,線形あるいは披針形の葉を互性する。花序は枝先に密な穂状につき,多数の長いおしべが目立ち,花序全体が瓶ブラシのような外観となる。花弁は早落するため,花色はこのおしべの色に由来し,多くは赤色系だが,白色や緑色系もある。代表的栽培種はブラッシノキブラシノキとも),ハナマキ(キンポウジュとも),マキバブラッシノキ,カリステモン・ビミナリスなど,いずれも赤色系。切花,鉢植,ドライフラワーに利用されるほか,耐寒性があるので庭にも植えられる。おもに挿木でふやす。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android