コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリブ海海洋環境保護条約(読み)カリブかいかいようかんきょうほごじょうやく(英語表記)Convention for the Protection and Development of the Marine Environment of the Wider Caribbean Region

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリブ海海洋環境保護条約
カリブかいかいようかんきょうほごじょうやく
Convention for the Protection and Development of the Marine Environment of the Wider Caribbean Region

カルタヘナ条約とも呼ばれ,カリブ海の海洋環境保護のため,1983年3月にコロンビアのカルタヘナで調印された。カリブ海諸国にイギリス,フランス,オランダを加えた計 17ヵ国が参加している。船舶や航空機からの海洋投棄の防止と国際的汚染防止基準の適用,絶滅の危機にある海洋動植物や生態系の保護,重大汚染事故の通報と緊急対策の制定,被害補償制度の制定などを定め,緊張した地域における地域協力の試みとしても貴重である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android