コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリンバ 〈バントウ〉kalimba

デジタル大辞泉の解説

カリンバ(〈バントウ〉kalimba)

アフリカの民族楽器。共鳴箱に金属製の棒が多数付いており、箱を両手で持ち、親指で棒をはじいて鳴らす。親指ピアノ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカリンバの言及

【サンザ】より

…またいっそう豊かな音量を得るために大きなふくべの頂上を切り取った共鳴器の中に楽器をすっぽり入れて弾奏することも広く行われている。 サンザの名称はコンゴ民主共和国の一地方の呼び名で,ほかにムビラmbira,カリンバkalimba,リケンベlikembeなど,地域によって,楽器の形態によってさまざまな呼称がある。欧米ではこれを〈親指ピアノthumb piano〉の通称で呼ぶことが一般化している。…

※「カリンバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カリンバの関連キーワードエグベルト ギスモンティフォデイ・ムサ スソ北海道恵庭市黄金町北海道恵庭市カリンバ遺跡壇鼓太郎アフリカ

カリンバの関連情報