カリームハーン城塞(読み)カリームハーンジョウサイ

デジタル大辞泉の解説

カリームハーン‐じょうさい〔‐ジヤウサイ〕【カリームハーン城塞】

Arg-e Karīm Khān》イラン南西部の都市シーラーズの中心部にある城塞。18世紀にザンド朝のカリーム=ハーンにより建造され、居城として使われた。高さ12メートル、厚さ3メートルの城壁に囲まれ、四隅には壁面に装飾を施された塔が建つ。キャリームハーン城塞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android