カリ石鹸(読み)カリせっけん(英語表記)potash soap

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリ石鹸
カリせっけん
potash soap

高級脂肪酸のカリウム塩。石鹸は普通,長鎖脂肪酸のアルカリ金属塩を主成分とするが,特に不飽和脂肪酸カリウム塩はその吸湿性のため柔軟で,軟石鹸ともいう。原料油としては乾性油または半乾性油を使うが,カセイソーダでつくる場合もある。一般に溶解性が高く,泡もちがよく泡性状も良好で,シェービング用や液体石鹸など高級品や上質品として化粧用,家庭用のほか工業用,薬用にも利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

カリ‐せっけん ‥セキケン【カリ石鹸】

〘名〙 (カリはkali) ふつうの石鹸が苛性ソーダを用いて作ったソーダ石鹸であるのに対して、苛性カリを用いて作った石鹸。柔らかく水に溶けやすいところから軟石鹸とも呼ばれる。〔商品取引の見方‐一般商品編(1925)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android