高級脂肪酸(読み)こうきゅうしぼうさん(英語表記)higher fatty acid

  • こうきゅうしぼうさん カウキフシバウサン
  • こうきゅうしぼうさん〔カウキフシバウサン〕
  • 高級脂肪酸 higher fatty acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炭素原子数の大きい鎖式モノカルボン酸高級アルコールとのエステルろうとして,またグリセリンとのエステルは油脂として,動植物界に存在する。天然には炭素原子数 16,18のものが多い。油脂の加水分解によってつくられる。石鹸界面活性剤原料である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

炭素数の多い脂肪酸,通常炭素数6以上のものをいう。パルミチン酸ステアリン酸,オレイン酸,リノール酸リノレン酸など,動植物界に油脂などの形で広く存在する。これら天然のものには炭素原子の数が偶数で,特に炭素数18を中心としたものが多い。セッケン,界面活性剤などの原料として重要。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

脂肪族カルボン酸RCOOHで通常炭素数6以上のものをいう。動植物体の油脂成分として,おもにそのグリセリンエステルの形で存在する。高級脂肪酸には飽和脂肪酸,不飽和脂肪酸,また一塩基酸,二塩基酸などが知られているが,自然界に存在するものは,おもに直鎖状の飽和または不飽和の一塩基酸である。天然の脂肪酸は炭素数は偶数で,とくに炭素数18を中心としたものが多い。融点は一般に分子量が大きいほど高く,飽和脂肪酸の場合は炭素数10以上では常温固体,エチレン結合1個をもつ場合はその二重結合位置,シスcis,トランスtransの構造によって異なる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 炭素数の多い(通常、六以上)脂肪酸の総称。水素が飽和したものは固状で、不飽和なものは液状である。グリセリンとのエステル、すなわち油脂として高級一価アルコールとのエステル、蝋(ろう)などとして動植物界に広く存在。工業的には、油脂を加水分解し、減圧で分留して得られる。洗剤、塗料、合成樹脂原料などに用いられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

鎖状モノカルボン酸のなかで分子量の大きいもの.すなわち,炭素数が6以上のものをさす.飽和酸はほとんどが固体であるが,不飽和酸の多くは液体である.水に不溶,エタノール,エーテル,四塩化炭素,ベンゼンなどの有機溶媒に易溶.分枝酸は直鎖酸よりも溶解性がよい.アルコール類と脱水縮合して,油脂,ろうを構成する.工業的には,界面活性剤有機化合物の合成原料として広く用いられる.[別用語参照]脂肪酸

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android