コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリ長石菫青石ホルンフェルス相 カリちょうせききんせいせきホルンフェルスそうK-feldspar-cordierite-hornfels facies

岩石学辞典の解説

カリ長石菫青石ホルンフェルス相

非常に低い液体圧と高い温度の条件で発達した接触変成作用の変成相.低い限界では石英の存在下で絹雲母が不安定となり,カリ長石と珪線石が共存する.この相は低温では斜方角閃石亜相,高温では斜方輝石亜相に分けられる.斜方輝石亜相は輝石ホルンフェルス相に対応する.カリ長石菫青石ホルンフェルス相の産出は,斑糲岩質の貫入岩体に伴われる接触変成帯の内側に限られる[Winkler : 1967].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android