コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルギリク県 カルギリクKargilik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルギリク〔県〕
カルギリク
Kargilik

漢語名はイエチョン (葉城) 。中国西北地方,シンチヤン (新疆) ウイグル (維吾爾) 自治区南西部,カシュガル (喀什 噶爾) 地区の県。タリム (塔里木) 盆地南西隅のオアシスを中心とし,古くからクンルン (崑崙) 山脈北麓に沿って中国と西アジアを結ぶ交易路の要衝であった。現在も,クンルン山脈を越えてチベット (西蔵) 自治区に通じるシンツァン (新蔵) 道路の起点にあたる。コムギ,トウモロコシ,ゴマなどの栽培と養蚕,牧畜が行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カルギリク県の関連キーワードカシュガル(喀什噶爾)地区

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android