コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルグーリー・ボールダー Kalgoorlie‐Boulder

世界大百科事典 第2版の解説

カルグーリー・ボールダー【Kalgoorlie‐Boulder】

オーストラリア,ウェスタン・オーストラリア州,パースの東北東約600km(道路距離)にある鉱業都市。隣接する二つの金鉱町が一体となっている。人口2万5000(1991)。大陸横断の鉄道・道路が通り,パースからの長距離送水管(1903建設)で水を供給。1890年代以来の代表的金鉱都市であるが,現在は1960年代以降開発されたカンバルダKambalda(南53km)のニッケル資源が重要な経済基盤である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android