コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルグーリー カルグーリー Kalgoorlie

2件 の用語解説(カルグーリーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カルグーリー(Kalgoorlie)

オーストラリア、西オーストラリア州中南部の都市。正式名称はカルグーリーボールダーパースの東部約600キロメートルに位置する。19世紀末に金鉱脈が発見され、現在も金・ニッケルを産する。20世紀初頭に完成した、パースとの間の水道パイプラインが有名。ゴールドラッシュ期の古い建物が多く残る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルグーリー
かるぐーりー
Kalgoorlie-Boulder

オーストラリア、ウェスタン・オーストラリア州の鉱業都市。パースの東北東、道路で595キロメートルにある。1947年隣接するボールダーと合併、一体になっている。人口2万8818(2001)。1890年代以来の金鉱都市で、大陸横断の鉄道と道路が通る地方拠点都市。パースからの長距離送水管(1903完成)で知られる。1960年代以降、南53キロメートルにあるカンバルダで同国最大のニッケル資源が開発され、その基地にもなっている。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルグーリーの関連キーワードオーストラリアオーストラリア区オーストラリア抗原オーストラリア亜区オーストラリアンバロット西オーストラリア南オーストラリアオーストラリア室内管弦楽団オーストラリアン・ミスト西オーストラリア州立大学

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カルグーリーの関連情報