コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルグーリー Kalgoorlie

デジタル大辞泉の解説

カルグーリー(Kalgoorlie)

オーストラリア、西オーストラリア州中南部の都市。正式名称はカルグーリーボールダーパースの東部約600キロメートルに位置する。19世紀末に金鉱脈が発見され、現在も金・ニッケルを産する。20世紀初頭に完成した、パースとの間の水道パイプラインが有名。ゴールドラッシュ期の古い建物が多く残る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルグーリー
かるぐーりー
Kalgoorlie-Boulder

オーストラリア、ウェスタン・オーストラリア州の鉱業都市。パースの東北東、道路で595キロメートルにある。1947年隣接するボールダーと合併、一体になっている。人口2万8818(2001)。1890年代以来の金鉱都市で、大陸横断の鉄道と道路が通る地方拠点都市。パースからの長距離送水管(1903完成)で知られる。1960年代以降、南53キロメートルにあるカンバルダで同国最大のニッケル資源が開発され、その基地にもなっている。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カルグーリーの関連キーワードバリー マーシャルクールガーディーエスペランスマーシャルノースマン鉱山都市谷内

カルグーリーの関連情報