カルノシン

栄養・生化学辞典の解説

カルノシン

 C9H14N4O3 (mw226.24).

 β-アラニル-L-ヒスチジン.筋肉に存在するジペプチドであるが,生理的機能は不明.メチル誘導体は,アンセリン(Nπ-),バレニン(Nτ-).

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android