コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルノシン

栄養・生化学辞典の解説

カルノシン

 C9H14N4O3 (mw226.24).

 β-アラニル-L-ヒスチジン.筋肉に存在するジペプチドであるが,生理的機能は不明.メチル誘導体は,アンセリン(Nπ-),バレニン(Nτ-).

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

カルノシンの関連キーワードイソペプチド結合カルノシナーゼポリペプチドβアンセリンジペプチドヒスチジン肉エキスバレニンアラニン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルノシンの関連情報