カルパティア[山脈](読み)かるぱてぃあ

百科事典マイペディアの解説

カルパティア[山脈]【カルパティア】

東欧を弧状に横切る全長約1500kmの山脈。スロバキア西部から,ポーランド南東部,ウクライナ南西部を経て,ルーマニア中央部に及ぶ。カルパチkarpaty山脈,カルパート山脈ともいう。最高点は東部のタトラ山地中のゲルラホフカ山(2663m)。地形・地質上から北西部・中央部・南東部に区分される。南端の部分はトランシルバニア・アルプスとも呼ばれる。森が多く,放牧が行われる。石油・天然ガス・褐炭・岩塩などの地下資源も豊富。
→関連項目ウクライナトランシルバニアポーランドルーマニアロシア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のカルパティア[山脈]の言及

【カルパチ[山脈]】より

…アルプス・ヒマラヤ造山帯の一環をなし,スロバキアのブラティスラバから,ユーゴスラビアのニシャバ・ティモーク渓谷まで続く山脈。ルーマニア語ではCarpați.日本ではカルパティア山脈とも呼ぶ。全長1300kmに及び,弧状をなす。…

※「カルパティア[山脈]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android