コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地下資源 ちかしげんunderground resources

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地下資源
ちかしげん
underground resources

地下に存在している有用資源。地球生成以来,地殻の中で大規模な構造運動や火成活動が行われ,種々の金属・非金属元素が移動・分散・濃縮して,地殻の特定の場所に地下資源が生成された。このようにしてできたものには,金属・非金属鉱物地熱などがある。石炭石油天然ガスおよび一部の岩石は,動植物および土砂が2次的に堆積して生成した地下資源である。大気圏および地表を経て地下にたくわえられている水も重要な地下資源の一つである。地下資源は地域的偏在性があり,技術の発達と経済性によってその価値が変動し,その多くは有限であるが,工業原料として重要である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

地下資源【ちかしげん】

人間生活に有用な金属・非金属鉱石,石炭石油粘土,岩石などの総称。需要の増大にともない,枯渇が危惧される一方で,探査・採掘・精製技術の進歩により,地下深部のもの,低品位のものまで採取が可能となっている。
→関連項目資源

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちかしげん【地下資源】

われわれは自然界にあるいろいろなものを採取し,利用して生活している。われわれが自然に働きかけて採取し,利用するものはすべて資源であるが,そのなかで地下から得られる資源は地下資源と呼ばれる。その中には鉄鉱石や石炭などの鉱物資源,石油や地熱などのエネルギー資源(エネルギー資源には水力や石炭なども含まれ,また石油は鉱物資源といってもよい),地下水なども含まれる。ただし,地下水は水資源として,地表の水や極地の氷などとともに別の分類に入れるのが普通である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちかしげん【地下資源】

地中に埋蔵されている鉱物などで、採掘されて人間生活に役立つもの。鉄鉱・ウラン鉱・石炭・石油など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地下資源
ちかしげん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の地下資源の言及

【地層】より

…一方,マントルクリープによる地殻薄化と地溝形成も有力な考えである。
[地層と地下資源]
 地下資源の70%以上が地層中から産出する。石油・天然ガスおよび石炭などのエネルギー資源はすべて堆積性鉱床といい,地層中から産する。…

※「地下資源」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地下資源の関連キーワードドイツ民主共和国憲法ニューカレドニア島鉱業・礦業・砿業反射法地震探査アパラチア山脈ニューカッスルリサイクル運動カザフスタンサルデーニャ応用古生物学セラム[島]資源探査衛星サハラ砂漠ボーリングセブ[島]ドゥランゴ十七年憲法地質断面図ズデーテン地質調査所

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地下資源の関連情報