コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルボニル鉄 カルボニルてつiron carbonyl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルボニル鉄
カルボニルてつ
iron carbonyl

鉄に一酸化炭素が化合した化合物で,組成比により3種のものが知られている。 (1) ペンタカルボニル鉄,五カルボニル  Fe(CO)5 。酸化第二鉄を還元して得られる還元鉄と一酸化炭素を加圧下で加熱反応させて生成する。常温で黄色液体。融点-20℃,沸点 103℃。水にほとんど不溶,有機溶媒に易溶。空気中で容易に発火。触媒や磁石用純鉄の原料に用いられる。 (2) ノナカルボニル二鉄,九カルボニル二鉄  Fe2(CO)9 。ペンタカルボニル鉄を氷酢酸または無水酢酸に溶かし,水素を通じながら紫外線を照射して得られる。金属光沢のある橙黄色結晶。エーテル,ベンゼンに不溶,エチルアルコール,メチルアルコールにやや溶ける。 100~120℃で分解して五カルボニル鉄となる。五カルボニル鉄より反応性は大きい。乾燥空気中では安定。 (3) ドデカカルボニル三鉄,十二カルボニル三鉄  Fe3(CO)12 。二酸化炭素中でノナカルボニル二鉄をトルエンとともに加熱して得る。濃紫色,二色性をもつ結晶。分解点約 140℃。水に不溶有機溶媒に溶けて濃紫色を呈する。空気中では不安定。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のカルボニル鉄の言及

【鉄粉】より

…アトマイズ法(アトマイズ粉末)で得られる粉末は,粒子が球形であり,圧縮性がよく,また還元粉に比べて純度が高いことから,焼結鍛造部品,焼結合金鋼の原料として好んで用いられる。以上の製造法のほかに,電解法,カルボニル法(鉄カルボニルFe(CO)5を熱分解する方法で,これによって得られる鉄をカルボニル鉄という),蒸発・凝縮法なども鉄粉の製造に用いられるが,これらの方法で得られる粉末は高純度または微細であり,主として磁性材料に用いられる。【林 宏爾】。…

※「カルボニル鉄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カルボニル鉄の関連キーワード鉄カルボニル(データノート)カルボニル化合物エチルアルコールカルボニル基鉄カルボニルベンゼン無水酢酸氷酢酸純鉄

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android