鉄粉(読み)てっぷん

精選版 日本国語大辞典「鉄粉」の解説

てっ‐ぷん【鉄粉】

〘名〙 粉末。鉄のこな。薬用としたり、花火の合薬に加えたり、また蒔絵(まきえ)に用いたりする。〔薬品名彙(1873)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「鉄粉」の解説

てっぷん【鉄粉 iron powder】

鉄粉は各種金属粉末の中で最も多量に用いられている。その製造には酸化鉄の還元法,溶湯のアトマイズ法が主として用いられ,大部分の鉄粉はこの2方法で作られる。還元法では,高品位鉄鉱石または鋼材の熱間圧延時に生じる酸化被膜(ミルスケール)をコークスとともに加熱して還元し,得られる海綿状の鉄を粉砕して粉末とする。粉末粒子は多孔質で,圧粉体強度は高く,焼結性がよい。焼結機械部品のほか溶接棒,粉末切断懐炉の発熱体,脱酸素剤などに用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の鉄粉の言及

【金属粉末】より

…これらの性質は,粉末の成分ばかりでなく,粒子の大きさや形状などに依存して変化する。各種の金属粉末には,これらの性質を利用した独特の用途があるが,現在多量に使われている粉末は鉄粉,アルミニウム粉,銅粉などである。鉄粉は,酸化物の還元法,溶湯のアトマイズ法(アトマイズ粉末)などによって作られ,各種の焼結材料(小型歯車などの機械部品,小型モーターの鉄心,家庭用電気器具や自動車の含油軸受,高負荷用摩擦板)や溶接棒の原料,メタルテープの磁粉などとして用いられる。…

※「鉄粉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android