コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルマン症候群 カルマンショウコウグン

デジタル大辞泉の解説

カルマン‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【カルマン症候群】

Kallmann syndrome性腺機能の低下と嗅覚障害を伴う遺伝性の疾患。脳の視床下部性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)が合成されず、第二次性徴がほとんど発現しない。また、嗅球形成不全がみられる。GnRHの投与により第二次性徴が起こり、生殖機能を回復できる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルマン症候群
かるまんしょうこうぐん

嗅覚(きゅうかく)の完全な喪失や消失を伴う無嗅覚症(低嗅覚症)あるいは嗅覚消失とよばれる症状と、性腺(せいせん)機能不全を合併する先天性疾患。嗅覚性器症候群ともよばれる。伴性劣性遺伝のほか多様な遺伝形式をとるが、孤発例もみられる。ドイツ生まれのアメリカ人遺伝学者カルマンFranz Josef Kallmann(1897―1965)によって、1944年に報告された。日本では公費対象の小児慢性特定疾病に認定されているが、世界的にも発症率は高く男子の1万人に1人とされ、日本男子では5万人に1人の割合で発症する。圧倒的に男子に多く女子の発症はその15~20%程度とされる。嗅覚障害は嗅球の形成不全や無形成が原因となり、性腺機能低下は視床下部からの黄体形成ホルモン放出ホルモン(LHRH)が合成されない産生障害による分泌低下が原因となる。第二次性徴がみられないことで気づかれることが多く、男子ではテストステロンの低値、女子ではエストラジオールの低値が認められる。治療は性腺機能不全に対してLHRHを投与することで改善がみられる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カルマン症候群の関連キーワード下垂体前葉機能低下症カルマン症候群APS抗燐脂質抗体症候群VDT障害VDT症候群おおかみ男症候群セカンドインパクト症候群時差ぼけ特発性呼吸窮迫症候群

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone