コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルヤ教会 カルヤキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

カルヤ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【カルヤ教会】

Karja Kirik》エストニア西部、バルト海に浮かぶサーレマー島の北東部にある教会。14世紀以前の創設。内部には自然崇拝の影響が色濃く残るゴシック様式の彫刻や、フレスコによる天井画がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カルヤ教会の関連キーワードオレビステ教会聖オラフ教会聖オレフ教会聖ニコラス教会タリン聖霊教会ニグリステ教会

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android