コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンタル Kanthal

世界大百科事典 第2版の解説

カンタル【Kanthal】

電熱線材料の一種。鉄Fe‐クロムCr‐アルミニウムAl‐コバルトCo合金で,成分は,Feを主成分とし,Cr20%,Al5%,Co2%である。電熱線としてはニクロム線が1000℃くらいまでの用途に広く使われているが,カンタル線はニクロム線よりもやや耐酸化性がすぐれ,1250℃くらいまで使用できる。【大久保 忠恒】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

カンタル

フランスのオーベルニュ地方(AOC指定地域)で生産されるチーズ。1980年、AOC取得。形は円筒状。セミ・ハードタイプ。名称は産地にあるカンタル連山の名にちなむ。「フルム・ド・カンタル」とも。オーベルニュ地方を代表する大型チーズのひとつ。原綴《Cantal》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

カンタルの関連キーワードG. ポンピドゥーマシフサントラルメロン(ウリ科)サン・フルールフランス(国)インジウム銅鉱オーリヤック電気抵抗炉ポンピドー電熱線合金カンタル県抵抗加熱イセナ岩ブールメロンカリエ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android