カンタル(英語表記)Kanthal

世界大百科事典 第2版の解説

カンタル【Kanthal】

電熱線材料の一種。鉄Fe‐クロムCr‐アルミニウムAl‐コバルトCo合金で,成分は,Feを主成分とし,Cr20%,Al5%,Co2%である。電熱線としてはニクロム線が1000℃くらいまでの用途に広く使われているが,カンタル線はニクロム線よりもやや耐酸化性がすぐれ,1250℃くらいまで使用できる。【大久保 忠恒】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

カンタル

フランスのオーベルニュ地方(AOC指定地域)で生産されるチーズ。1980年、AOC取得。形は円筒状。セミ・ハードタイプ。名称は産地にあるカンタル連山の名にちなむ。「フルム・ド・カンタル」とも。オーベルニュ地方を代表する大型チーズのひとつ。原綴《Cantal》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android