コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンダーリヤ・マハーデーバ寺 カンダーリヤ・マハーデーバじ Kandārya Mahādēva Temple

1件 の用語解説(カンダーリヤ・マハーデーバ寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンダーリヤ・マハーデーバ寺
カンダーリヤ・マハーデーバじ
Kandārya Mahādēva Temple

インドのカジュラーホにあるヒンドゥー教寺院。 11世紀初頭の建造。全体が石造で,基壇の上に玄関,前殿,拝殿,本殿の順序に並ぶ。各部の屋根は次第に高まり,本殿の上に高さ 50mに及ぶシカラ (高塔) がそびえ,その側面には装飾で埋めつくされた多数の小シカラを伴う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカンダーリヤ・マハーデーバ寺の言及

【カジュラーホ】より

…中部インド,ジャーンシーの東南東約175kmにあるチャンデッラ朝の古都で,三つのジャイナ教寺院を含む約20の石積みのヒンドゥー教寺院が現存する。9世紀末期にさかのぼる寺院もあるが,黄白色の砂岩製の大部分の寺院は10世紀後半から12世紀前半までにチャンデッラ朝の王族によって建立された。いずれも高い基壇上に建ち,最も完備した寺院では平面は双十字形で,本殿の屋根は多数の小尖塔を積み重ねた高塔(シカラ)となっていて,ブバネーシュワルの諸寺とともにインド北型建築の典型である。…

※「カンダーリヤ・マハーデーバ寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カンダーリヤ・マハーデーバ寺の関連キーワードカジュラーホヒンドゥー教美術アヨーディヤーヒンズーヒンズー教ヒンドゥーヒンドゥー教寺院ヒンドゥー法典マタ(ヒンドゥー教)カジュラーホの建造物群

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone