コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カントルーブ カントルーブCanteloube, Marie Joseph

2件 の用語解説(カントルーブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カントルーブ
カントルーブ
Canteloube, Marie Joseph

[生]1879.10.21. アノネ
[没]1957.11.5. パリ
フランスの作曲家。 V.ダンディに作曲を学び,オペラ『農家』 (1926) で賞を得る。フランス民謡の収集にたずさわり,『フランス民謡選』 (4巻) を出版した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カントルーブ
かんとるーぶ
Marie-Joseph Canteloube (de Calaret)
(1879―1957)

フランスの作曲家、民俗学研究家。オーベルニュ地方出身の家に生まれ、1901年からスコラ・カントルムでダンディに作曲を学ぶ。師のかかわったフランス国民音楽運動に共感して民謡の収集、編曲に力を注いだ。その成果のおもなものは『オーベルニュの歌』5巻(1923~30)、『フランス民謡精華集』4巻(1939~44)である。オペラ、歌曲も残しているが、民謡研究の評価のほうがずっと高い。[船山信子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カントルーブの関連キーワード織田純一郎ドンケル=クルティウス変朽安山岩教育令沖縄(県)刑具紙幣整理尚氏電球琉球処分

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone