コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーベルニュ オーベルニュ Auvergne

6件 の用語解説(オーベルニュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーベルニュ
オーベルニュ
Auvergne

フランス中部,マシフサントラル (中央山地) 中部の地方であり,地方行政単位の地域 (レジオン) 。アリエ,カンタルオートロアール,ピュイドドームの4県から成る。ガロ・ローマ時代は第1アクィタニアの一部。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オーベルニュ(Auvergne)

フランス中南部、中央高地の地方。風光明媚(めいび)な牧草地帯が広がり、山岳部ではミネラルフォーターなどを産する。地方政府所在地はクレルモンフェラン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オーベルニュ

フランス中南部,マシフ・サントラル中の主要部を占める地方。現在はアリエ,カンタル,オート・ロアール,ピュイ・ド・ドームの各県をさす。山岳部で放牧,酪農が行われ,肥沃(ひよく)な平野部で小麦,豆類が栽培される。
→関連項目ビシー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オーベルニュ【Auvergne】

フランスの地方名。マシフ・サントラル(中央山地)の,そのまた中央に位置するのがオーベルニュ地方で,中心都市クレルモン・フェランの南西にあるモン・ドール山が,フランスの水脈を南北に分かつ分水嶺である。この地方はブルターニュバスク地方と並んで,古くからの伝統がよく保たれていることで知られる。オーベルニュの名称は,紀元前この地方に定着していたケルト人の一部族アルウェルニ族Arverniの名に由来するもので,非常に古い地名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

オーベルニュ【Auvergne】

フランス中南部の高地地方。保養・観光地。中心都市クレルモンフェラン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーベルニュ
おーべるにゅ
Auvergne

フランス中南部の旧州名。現在も行政地域名として用いられ、アリエ県、オート・ロアール県カンタル県、ピュイ・ド・ドーム県に分かれている。面積2万6013平方キロメートル、人口130万8878(1999)。この風光明媚(めいび)な土地の大部分はマッシフ・サントラル(中央群山)からなり、ドーム山地、ドール山地、カンタル山地をはじめとする休火山の山頂が点在する。オーベルニュ西部は大西洋の影響を受け、湿潤で風が強く、夏は涼しいが冬は厳しい地方で、荒野、草原地帯となっている。一方、東部は内陸式気候で、気温の年較差は著しいが降水量は比較的少なく、耕地が卓越する。全体としてみると、オーベルニュの居住環境はあまりよくなく、人口密度は1平方キロメートル当り約50人で、フランスの平均値の半分である。農村からの人口流出も著しく、クレルモン・フェラン、ビシーなどの都市に人口が集中している。山地での牧畜、肥沃(ひよく)な土地での耕作を主体とする農業人口が、生産人口の4分の1を占める。工業人口は全体の3分の1を占め、加工業が中心である。
 ケルト人が住んでいたが、彼らはカエサルを破り、ガリアをローマの支配から解放した。4、5世紀に、オーベルニュはゲルマン系民族に次々に占拠され、6世紀にフランク王国の支配下に入った。中世初頭、メロビング王朝とカロリング王朝の一部をなしたが、後者が分裂した9世紀に別の国となった。12世紀にはイギリス国王の支配下に入ったが、13世紀初めフランス王領になった。[大嶽幸彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーベルニュの関連キーワードシャイアモルバン山地ラングドックリムーザンロアール[川]ジェボーダンピュイ・ド・サンシー[山]ピュイ・ド・ドーム[山]マシフ・サントラルモン・ドール山地

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オーベルニュの関連情報