コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カントール カントール Kantor, Tadeusz

2件 の用語解説(カントールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カントール
カントール
Kantor, Tadeusz

[生]1915.4.6. クラクフ近郊,ウィエロポーレ
[没]1990.12.8. クラクフ
ポーランドの演出家,舞台美術家。クラクフ美術学校で絵画および舞台美術を学ぶ。最初画家として出発したが,やがて演劇活動へ転向。ナチス占領時代も演劇活動を続け,1955年,実験的演劇集団クリコット2を旗揚げ

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

カントール【Georg Cantor】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カントールの関連キーワードふくふくウェリチカクラクフ門クラクラクラクフ学院クラクフ共和国《クラクフ市民と山人たち》クラクフ聖母教会クラクフ蜂起ミコワイ(クラクフの)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カントールの関連情報