コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カントール カントールKantor, Tadeusz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カントール
Kantor, Tadeusz

[生]1915.4.6. クラクフ近郊,ウィエロポーレ
[没]1990.12.8. クラクフ
ポーランドの演出家,舞台美術家。クラクフ美術学校で絵画および舞台美術を学ぶ。最初画家として出発したが,やがて演劇活動へ転向。ナチス占領時代も演劇活動を続け,1955年,実験的演劇集団クリコット2を旗揚げ。 S.I.ウィトキェーウィチの作品の演出などを行うが,75年,みずから構成・演出した『死の教室』により,世界的に注目される。また,過激な演劇理論を展開する多くの著作により世界的に影響を与えた。ほかの演出作品に,『ウィエロポーレ・ウィエロポーレ』 (80) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

カントール【Georg Cantor】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

カントールの関連キーワードレーベ(Johann Carl Gottfried Loewe)カントル(Tadeusz Kantor)ペーター シュライアーヘルムート リリングポーランド近代美術ラウシェンバーグラ・ママ実験劇場クロネッカートーマス教会オーリックトゥリーナ大橋 敏成セベラックデデキントルーセルダンディカントルキーシン3月3日ギトリス

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カントールの関連情報